宇宙開発局 報道発表 – 報道発表

平成30年1月15日 宇宙開発利用部会 国際宇宙ステーション・国際宇宙探査小委員会(第23回)の開催について 平成29年12月6日 国立研究開発法人審議会 宇宙航空研究開発機構部会(第11回)の開催について

宇宙開発利用; 報道発表(宇宙開発利用) 計画・方針(宇宙開発利用) 概要(宇宙開発利用) 審議会(宇宙開発利用) 事業(宇宙開発利用) 関連機関(宇宙開発利用) イベント(宇宙開発利用)

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

17月24日,ワシントンD. C. において,宇宙に関する包括的日米対話第6回会合が開催されました。この会合には,日本側は赤堀毅外務省総合外交政策局参事官及び松尾剛彦内閣府宇宙開発戦略推進事務局長,米国側はスコット

1本15日,東京において,第4回日EU宇宙政策対話が開催されました。 2 今回の対話においては,日本側は長岡寛介外務省政策企画・国際安全保障担当大使及び髙田修三内閣府宇宙開発戦略推進事務局長が,EU側はピエール

6月12日から21日の日程で国連宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)本委員会第62会期(加盟国:92か国)がウィーンにおいて開催中のところ,概要は以下のとおりです。 なお,我が国からは北野ウィーン代表部大使,柳同次席

1本8日,デリーにおいて,第1回日印宇宙対話が開催されました。日本側から長岡寛介外務省政策企画・国際安全保障担当大使及び髙田修三内閣府宇宙開発戦略推進事務局長を共同議長として,外務省,内閣

内閣府のホームページです。内閣府の組織、政策、報道発表資料、統計・調査などに関する情報を掲載しています。

宇宙開発利用のサイトです。 文部科学省では、平成20年に成立した宇宙基本法等を踏まえ、宇宙のフロンティアを拓き、安心・安全で豊かな社会の実現、産業振興、人類社会の発展、国際協力等に貢献して

内閣府の政策に関わる広報。大臣・副大臣・大臣政務官(記者会見、写真で見る動き等)、報道発表資料等一覧。

Feb 06, 2016 · 2016年2月7日、12時30分(日本時間)から「朝鮮中央tv」で放送された、「光明星-4号」発射成功に関する「朝鮮民主主義人民共和国国家宇宙開発局

[PDF]

報道発表 z成層圏プラットフォーム定点滞空飛行試験の結果について ~大型無人飛行船の遠隔・自動操縦による定点滞空飛行及びミッション試験に成功~ z平成17年1月27日 <概略> 1.

気象庁の報道発表資料です 内閣府宇宙開発戦略推進事務局、文部科学省、宇宙航空研究開発機構(jaxa)、気象業務支援センター、気象振興協議会、日本宇宙少年団、経団連宇宙開発利用推進委員会、日本航空宇宙工業会、三菱重工業株式会社、三菱電機

我が国が、必要な時に、独自に宇宙空間に必要な人工衛星等を打ち上げるための宇宙輸送システムは、我が国の宇宙活動の自律性を維持する上で不可欠です。 H-IIAロケット 日本初の純国産ロケットH-IIロケットで培われ

[PDF]

報道発表 z光衛星間通信実験衛星「きらり」(OICETS)と情報通信研究機構光地上局による光通信実験の成功につ いて z平成18年4月7日 情報通信研究機構(以下、NICT。理事長:長尾 真)と宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA。

報道資料一覧:2019年12月; 発表日 内容; 2019年12月27日: 日本郵便株式会社に対する行政指導(収納済切手の不適正な取扱いの再発防止策の着実な実施及び不祥事案に関する情報公開のあり方について)

平成29年10月30日 「第18回 空港技術報告会」では、テーマに関連した整備や新技術に関する報告及びその他空港に関する技術開発、計画、工事、研究成果等の報告を行います。

[PDF]

報道発表 z航空機搭載衛星通信システムを用いたリアルタイム広域被害状況把握システムの公開実験を実施 z平成14年12月25日 1背景 防災分野においては、迅速かつ正確な情報把握が的確な災害対策の実施のために不可欠です。

ロシア連邦宇宙局は2007年8月、2025年までの有人月面着陸と、2028年~2032年の月面基地建設を柱とした、長期計画を発表した 。長期計画では、2015年までに新型の宇宙船を開発するともしていた。

[PDF]

全球降水観測計画(gpm)概要 z全球降水観測計画(gpm)は、現在運用中の熱帯降雨観測衛星(trmm)の後継・拡張ミッション計画であり、米国航 空宇宙局(nasa)、宇宙開発事業団(nasda)と通信総合研究所(crl)が中心となり推進している地球観測衛星計

報道・広報; 報道発表資料; 宇宙航空研究開発機構、国立環境研究所、及び環境省並びに米国航空宇宙局との間のgosat、oco-2及びgosat-2ミッションに係る協力に関する了解覚書の署名について(お知らせ)

[PDF]

報道発表 z 秋の情報通信 熱帯降雨観測計画は宇宙開発事業団(nasda)と米国航空宇宙局(nasa)の 共同宇宙計画であり、その衛星搭載主要観測装置である降雨レーダ(pr)は通 信総合研究所(crl)と宇宙開発事業団(nasda)が共同して開発しました。

豊嶋守生、“宇宙と交信する衛星通信のお話”、情報通信研究機構、科学技術週間、第3回nict技術ふれあいday、講師、2008年4月19日。 豊嶋守生、“宇宙における光通信技術の現状”、電気学会パワー半導体レーザ産業技術調査専門委員会、平成20年5月22日。

北朝鮮「地球観測衛星『光明星4号』打ち上げに成功」 特別重大報道(全文) 国家宇宙開発局が、「光明星-4」号の打ち上げに成功したと発表し

Mar 13, 2019 · 3月12日、トヨタ自動車の寺師茂樹副社長と宇宙航空研究開発機構(jaxa)の若田光一理事/宇宙飛行士は、「有人月面探査車(ローバー)」の共同開発について発表した。トヨタを先駆けとして、今後は多様な民間企業を呼び込み、「オールジャパン」で月

昨日ウリナラが地球観測衛星「光明星4号」の打ち上げ成功し、現在予定通りの軌道に乗っています。報道を見ると色々な情報が錯乱していますが、まずは朝鮮・国家宇宙開発局が発表した報道を見ていただけると幸いです。

令和元年度 第1回ふくい宇宙産業創出研究会公開セミナーを開催します 令和元年12月4日 県では、今後大きな成長が期待される宇宙産業において、県内企業のものづくりを強力に支援するため、「ふくい宇宙産業創出研究会」において、産業化への最新情報の提供や、共同研究などを行っています。

金井宣茂宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船の打上げの成功に関する内閣府特命担当大臣(宇宙政策)の談話について 宇宙開発戦略推進事務局 12月19日

国土交通省は、内閣府宇宙開発戦略推進事務局と合同で、宇宙基本計画の工程表改訂に向けた重点事項(令和元年6月4日 宇宙開発戦略本部決定)に基づき、「サブオービタル飛行に関する官民協議会」を設立し、官民の関係者が協力して、サブオービタル機の往還飛行の実現に向けて必要な環境

宇宙情報センターは、人類と宇宙への関わり合いを大切にしながら、さまざまな情報をどんどん吸収して、みなさんにお伝えしていきます。 宇宙情報センター / SPACE INFORMATION CENTER :世界の宇宙開発

[PDF]

報道発表 z成層圏滞空無人ソーラープレーンによる世界初のデジタルハイビジョン放送実験に成功 z平成14年6月25日 <背景> 通信総合研究所は、平成10年度より、通信・放送機構と連携しながら、成層圏プラットフォームの実現を目指

金井宣茂宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船の打上げの成功に関する内閣府特命担当大臣(宇宙政策)の談話について 宇宙開発戦略推進事務局 12月19日

宇宙航空研究開発機構 jaxa(ジャクサ)は、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う機関です。

米国は5年以内に米国人飛行士を月面に再び立たせるとペンス副大統領が26日発表した。必要に応じあらゆる手段を用いる方針を示し、中国との

>報道・広報 > 報道発表資料 > 10月17日に第3回「交通運輸技術フォーラム」を開催します ~宇宙でつなぐ陸海空の自動運転~

一般紙に報道されるレベルのワクワクする 宇宙に関連する活動のニュース を、月ごとにまとめていきます。. 2018年3月のまとめ です。. まとめ. 3月のメイントピックは、個人的には スティーブン・ホーキング博士の訃報 です。. アインシュタイン博士以来の最高の理論物理学者です。

気象庁が運営するWMO温室効果ガス世界資料センター(wdcgg)において、環境省、国立研究開発法人国立環境研究所(nies)及び国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(jaxa)が開発した温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(平成21年打上げ)による観測データを平成31年3月19日(火)より新たに

米航空宇宙局(NASA)は7日、旅行費用を支払った民間人を国際宇宙ステーション(ISS)に滞在させる事業を早ければ2020年に開始すると発表した。

[PDF]

第三に、有人宇宙開発と無人宇宙開発では、日本政府はどちらに力を入れるべきなのか。 有人宇宙開発は、人類に夢を与えることで、宇宙開発の原動力ともなってきたものの、死 亡事故のリスクが含まれ、それを防ぐために多大なコストがかかる。

nasa、新宇宙船は無人で トランプ氏の要請応じず :日本経済新聞 【ワシントン=川合智之】米航空宇宙局(nasa)は12日、大型ロケット「sls」による宇宙船オリオンの2019年の初打ち上げを、予定通り無人で実施すると発表した。トランプ米大統領は任期中の実績づくり.

アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、英語: National Aeronautics and Space Administration, NASA )は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。 1958年 7月29日、国家航空宇宙法 (National Aeronautics and Space Act) に基づき、先行の国家航空宇宙諮問委員会

[PDF]

報道機関に依頼する事項に〇をつけてください ①実施する事業の紹介 ②催事等の参加者募集 ③催事等の当日取材 報道取材情報(沼津市) 令和元年6月24日(月)発表 名称等 市立図書館 「夏休み子ども講

nasaが日本の宇宙船購入の検討と打診をしているとする読売新聞などの報道に対し、nasa側が全面否定している。文科省など日本側も、nasaと同様の

朝鮮国家宇宙開発局が地球観測衛星「光明星4」号の成功裏の打ち上げに関する報道を発表 【平壌2月7日発朝鮮中央通信】朝鮮国家宇宙開発局は7日、地球観測衛星「光明星4」号を成功裏に打ち上げたことに関する報道を発表した。 報道は次のとおり。

[PDF]

宇宙ベンチャー支援策について 平成30年2月27日 宇宙開発戦略推進事務局. 資料2

Dec 22, 2017 · 宇宙ヤバい!! ということで今回は某ハリウッド映画の話ではなく現実のお話。 なんでも例のNASAさんが 2017年12月17日。 日本時間で午前3時という働いている方はほとんど眠りについているであろうという時間に重大発表を行うとのこと!

[PDF]

旭川市報道依頼 各報道機関 様 発表日 令和元年7月12日 発信課 社会教育部 科学館 担当者 長尾・近藤 連絡先 電 話 31-3186 FAX 31-3310

[PDF]

報道発表(お知らせ) z熱帯降雨観測衛星(TRMM)10周年公開シンポジウム 「変わりゆく地球と雨」の開催について z平成19年10月25日 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、情報通信研究機構(NICT)、米国航空宇宙局(NASA)は、

ロシア連邦宇宙局は国内の一部メディアが報じている「次世代の原子力推進エンジンの開発計画を凍結した」という内容について否定していると発表しています。

令和元年度 第1回ふくい宇宙産業創出研究会公開セミナーを開催します 令和元年12月4日 県では、今後大きな成長が期待される宇宙産業において、県内企業のものづくりを強力に支援するため、「ふくい宇宙産業創出研究会」において、産業化への最新情報の提供や、共同研究などを行っています。

本日(5月31日)から、内閣府及び経済産業省は、新たなビジネス・アイデア等を有する個人・ベンチャー企業等と、投資家・事業会社とのマッチングを円滑化するための場である「宇宙ビジネス投資マッチング・プラットフォーム(S-Matching)」の専用サイトの運営を開始します。

北朝鮮は国立航空宇宙開発局『nada』を設立し、合法的かつ平和的な宇宙開発を進めていくなどと発表しています。 朝鮮中央通信社は先月31日、アメリカのNASAや日本のJAXAと同じような『宇宙開発事業』をおこなっていくとし朝鮮国家宇宙開発局の記章を制定

宇部市宇宙教育推進協議会を設立し、宇宙を素材とした教育を推進します. 本市では、人工衛星データの利用、研究に関するセミナー等の宇宙を素材とした教育を推進し、科学技術に一層の興味を持つ児童生徒や、将来のイノベーション人材を育成するため、「宇部市宇宙教育推進協議会」を

“Education Channel”では、学校、博物館、その他の教育機関向けの宇宙番組や科学番組を放送している。”Media Channel”では、報道機関向けに報道発表のビデオやインタビュー、記者会見の映像等を提供し

[PDF]

報道発表(お知らせ) z「超高速インターネット衛星“きずな(winds)”利用国際シンポジウム」の開催について z平成19年11月14日 宇宙航空研究開発機構(jaxa)と情報通信研究機構(nict)は、平成19年度冬期に打ち上げを控えた超高速イ

財務省 関東財務局 [所在地・交通アクセス] 〒330-9716 さいたま市中央区新都心1番地1さいたま新都心合同庁舎1号館 電話:048-600-1111(代表) 関東財務局ホームページに関するご意見・ご要望はこちら

概要. 冷戦下の米ソ宇宙開発競争のさなかの1961年5月、アメリカ合衆国大統領 ジョン・f・ケネディは、1960年代中に人間を月に到達させるとの声明を発表した。 1969年7月20日、宇宙飛行士 ニール・アームストロングおよびバズ・オルドリンがアポロ11号で月面に着陸したことにより、その公約は

アメリカ航空宇宙局(nasa)が今後建設するとしているのは月軌道上を周回する新たな宇宙ステーション「ディープ・スペース・ゲートウェイ」です。この宇宙ステーションに関しロシアの宇宙機関にあたるロスコスモスはこの計画に参加することで合意したなどと報じられています。

医療用輸液製造 宇宙空間の健康にも貢献. 当社は、アメリカ国立航空宇宙局(nasa)から採用された電気伝導率センサーを、国際宇宙ステーション(iss)で使用される医療用輸液製造装置(ivgenシステム)用に納入します。

jaxa(宇宙航空研究開発機構)は、iss(国際宇宙ステーション)から物資を持ち帰る小型回収カプセルが太平洋の南鳥島近海に着水し、回収にも成功したと発表した。宇宙実験で結晶にしたタンパク質などを収め、大気圏突入の高温に耐えて地球に帰還した。